フェリチンサプリランキング@フェリチン不足を解消するための秘訣

フェリチン サプリ

フェリチンとは?数値が低い原因は?

 

フェリチンとは何かご存知ですか?最近ではフェリチン不足の人たちが多いです。例えば普段から貧血になりやすい人は、ひょっとしたらフェリチン不足なのかもしれません!

 

第二の鉄分「フェリチン」が不足するってどういう事?
フェリチンとはいわば「鉄の貯蔵庫」のようなものです。鉄というと、血液中にある色素である「ヘモグロビン」を思い浮かべる人も多いでしょうが、それ以外にも、人間の体内には鉄を含む組織があります。例えば以下のような臓器です。

 

・肝臓
・心臓
・すい臓、

 

これら上記の臓器と、小腸の粘膜などに存在する「フェリチン」というたんぱく質は、その内部に鉄分を貯蔵する事ができるでしょう。ただし鉄分がフェリチンに貯蔵されるのは、血液内のヘモグロビンに十分な鉄分が供給された上での事です。なぜならば、ヘモグロビンは生命維持に必須で、身体の隅まで酸素を運ぶ働きを持っているので、最優先で鉄分が巡っているからです。

 

要するに摂った鉄分は、ヘモグロビンに優先的に回されて、鉄分不足になるとフェリチンに貯蔵される貯蔵鉄を使って不足分を補うのです。このため、ヘモグロビン不足に陥っている段階では、もうすでにフェリチンに蓄えられるような貯蔵鉄は使い果たしている事になるのです!

 

フェリチン不足によくある症状とは
次のような症状がある人は、ひょっとしたらフェリチン不足に陥っているかもしれません!

 

・眠るまでに時間がかかる
・肌荒れが目立つ
・寝ても疲れがとれない
・最近疲れやすい
・何もないのに気分が落ち込む

 

上記のような症状があるなら、ひょっとしたら鉄分不足に陥っているのかもしれません。といっても、中には日頃から鉄分を意識してとるようにしているし、血液検査のヘモグロビンの数値も問題なかったという人もいるでしょう。

 

しかし実は、体内の鉄分量を厳密にみるにはヘモグロビン濃度だけでなく、フェリチンの値も見なければいけないのです。フェリチンが体内に十分な量存在していれば、身体に必要な鉄分をストックしておき、必要に応じて血液中に鉄分を補給する事ができるのですが、フェリチンが不足しているとその働きができなくなってきてしまうのです。

 

フェリチン不足が招く症状や病気は?

 

フェリチン不足は女性の多くが抱える病気です。その具体的な症状には何があるのかご説明していきましょう。

 

フェリチン不足が招く症状
次のような症状に心当たりがないかどうか、確かめてみてください。

 

・肌荒れがひどくなってきている
・疲れやすい
・寝起きが悪い
・風邪をひきやすい
・むくみがち
・便秘や下痢
・食欲不振
・吐き気がある
・動悸
・息切れ
・胸が痛む
・頭痛
・冷え性
・月経異常
・神経過敏
・注意力低下

・イライラ
・髪が抜けやすい
・歯茎の出血
・アザがよくできる
・湿疹ができやすい
・顔色が悪い
・立ちくらみ
・背中のこり
・のどが不快
・湿疹ができやすい
・めまい
・腰痛
・肩こり

 

これらはかなり幅広い症状ですが、鉄分不足によって発生する可能性のある症状です。女性でめまいを感じる人は、フェリチン不足の他にも次のような病気の可能性が考えられます。

 

・起立性低血圧
・鉄欠乏貧血
・良性発作性頭位めまい症
・メニエール病

 

フェリチンとは内部に鉄分を貯められる水溶性たんぱく質で、フェリチンの分子構造を示しています。24のユニットが球体を作っていて、内部に鉄イオンがキープできるようになっています。白いツブツブが「鉄イオン」です。

 

このように鉄イオンを貯蔵しています。フェリチンは血中よりも主に肝臓・心臓・すい臓のような臓器や骨髄、小腸粘膜などの細胞内に存在しています。血中で酸素を運ぶ役割があるのは「ヘモグロビン」です。赤血球を構成する重要なタンパク質という事ですね。

 

ヘモグロビンは分子の中に鉄原子を持っていて、その鉄原子が酸素と結びつく事によって体中に酸素を運びます。血中のヘモグロビンが減ってしまうと、まずは血清中の鉄分がヘモグロビンを増やすために使われます。こうなると血清中の鉄分が減ってしまい、フェリチンから鉄分が出ていき、血清鉄の濃度が保てるのです。

フェリチンを増やすには鉄分の補給が重要

 

フェリチン不足は「鉄欠乏性貧血」を招いてしまいます。これは血液中の鉄が不足してしまった状態です。鉄不足はヘモグロビンを減らしてしまった状態で、要するに酸欠になってしまうので、当然ながら健康に悪影響が生じてくるでしょう。このような状況を改善するためにも、鉄の貯蔵庫であるフェリチンが、血液中に不足した鉄分を補ってくれます。

 

しかし、フェリチンで貯蔵されている鉄分も消耗していってしまうのです。この事からも、フェリチンの数値を増やしていくためにも外側から鉄分を補ってあげる必要があります。例えば、鉄分サプリメントや食事などからフェリチンが減らないように心がけるといいでしょう。

 

効率よく鉄分補給するにはレバーとうなぎ
鉄分を効率よく摂取するためにも、レバーとうなぎがおすすめです。吸収率の高いヘム鉄が入っていて、配合量も豊富です。ただし食べ過ぎると逆効果なので過剰摂取には気をつけましょう。その理由は、うなぎやレバーには胎児の先天性異常を誘発する恐れのあるビタミンAが大量に含まれているからです。このため、これらの食事には想像以上にビタミンAが入っています。

 

例えばあなたが妊娠中なら、過剰摂取とされるビタミンAは2700μgREです。しかしレバー100グラムに13000μgREも入っていて、うなぎは100グラムに1500μgREです。 ビタミンAの安全量は650μgREなので、うなぎもレバーも要注意です。

 

非ヘム鉄は吸収率が悪い
上記のような食品からヘム鉄を十分に補給しようとすると、ビタミンAの過剰摂取になってしまいます。勿論、鉄が多い食事は他にもあります。しかしその他の食品は非ヘム鉄といって、吸収率が悪くなってしまうのです。そもそも食事から鉄を摂取するといっても、吸収率は非常に悪いです。

 

要するに、食事からの鉄補給は非常に効率が悪いという結果に落ち着きます。だからこそ鉄を効率的に補給し、フェリチンを増やすためにもサプリメントがいいでしょう。フェリチンを増やすにはサプリメントが重要です。

 

フェリチンを増やす食事は?

 

意外にもフェリチン不足の人が多いです。そしてフェリチン不足なのにそれに気づいていない人も多いのです。フェリチンを増やすには、鉄分豊富な食事に心がけるといいと言われてます。

 

フェリチン不足は脳にも影響してくる!
フェリチンとは、言ってみれば鉄を入れた容器のような役割です。さらにうつ病とも関係があり、フェリチン不足だと脳を活性化させるドーパミンや、セロトニンなどの神経伝達物質が不足すると言われています。

 

フェリチンがあるから役立っていること
フェリチンが不足していなければ、次のような症状を予防する事ができます。

 

・うつ病
・肌荒れ
・イライラ
・風邪
・不眠症

 

フェリチン不足を予防するには食事から
食事を変えてみるだけでも、十分フェリチン不足を予防する事ができます。ポイントは、食事から鉄分をしっかり摂る事です。鉄分が含まれる主な食材と言えば、次のような食材が挙げられます。

 

・小松菜
・ホウレンソウ
・切り干大根
・マグロ
・ひじき
・鶏レバー
・牛肉
・豚レバー

 

海藻類には鉄分が多いという印象があるので、積極的に摂ろうと考える人は多いですが、意外に海藻には酸化した鉄も多く含まれていて、肉類に比べると鉄分の吸収率は劣ってしまいます。身体に良いとせっせと食べていても単体ではあまり効果ありません。

 

ビタミンCを一緒に摂ること
ポイントは、ビタミンCを一緒に摂る事です。鉄分の吸収率を上げる栄養素であるビタミンCを一緒に摂るのがいいと言われています。ビタミンCの還元作用によって、鉄は体内で吸収されやすい物質に変化するのです。摂取の仕方は簡単で、食後にレモンジュースを一杯飲むだけです。

 

これだけで鉄の吸収率は2倍近くも上がるでしょう。ビタミンCは熱で溶けてしまうので、食後のデザートやドリンクなどで補給すると最も効果が上がります。

 

レモンのビタミンCを5倍にする
レモンを冷凍庫で凍らせ、皮ごとすりおろすだけでもビタミンCが効果的に摂れるでしょう。

 

フェリチンを増やす市販薬は何がおすすめ?

 

フェリチンを増やす市販薬を使って鉄欠乏症を治していきませんか?フェリチン不足の場合、処方される薬とはどのような薬なのでしょうか。

 

食事からだけでは補えない
もしも血液検査を受けて「フェリチン不足」と診断されてしまった場合には、鉄欠乏症貧血と同様に、鉄分を補給する薬が処方されます。本来であれば、鉄分は食事からとるのが好ましいですが、体内の鉄分が枯渇してしまった場合には、いくら鉄分の多い食事をしていてもなかなか正常値まで戻りません。

 

特に血清鉄やヘモグロビンの値が低くなってからだと、食事から摂った鉄分が、先に血清鉄やヘモグロビンの生成に使われてしまい、「フェリチン」に蓄えられる貯蔵鉄になってしまいます。そのため、「フェリチン」に貯蔵する分の鉄を薬で補ってやるといいでしょう。

 

クエン酸第一鉄ナトリウムを使ってみる
フェリチン不足の患者さんに対しては、病院でよく処方される事の多い「クエン酸第一鉄ナトリウム」を使ってみるといいでしょう。フェロミアという製品名のものや、そのジェネリックがクエン酸第一鉄ナトリウム製剤であり、タイプとしては錠剤タイプと顆粒タイプとがあります。

 

胃を荒らしてしまう事がある
消化管での吸収がいいので、胃を切除した後の患者さんに対しても処方されるでしょう。ただし胃を荒らしてしまう恐れがあるので、腸や胃に炎症や潰瘍がある人は慎重に用いるといいでしょう。

 

クラビットなどのニューキノロン系抗菌薬や、ミノマイシンなどのテトラサイクリン系抗生物質、セフゾン等のセフジニル、チラーヂンなどの甲状腺ホルモン薬、その他制酸薬系の胃腸薬などと一緒に服用していると、これらの薬の効果を弱める恐れがあります。

 

もしも飲まなければいけないなら、数時間ずらしてから飲むようにしましょう。副作用としては腹痛や吐き気、下痢や便秘などといった胃腸トラブルが起こってしまう場合も十分にあります。

 

フマル酸第一鉄、フェロ・グラデュメット、スローフィー
クエン酸第一鉄ナトリウムの他にも、鉄を補うために使われる処方箋があります。それは例えば、フェルムなどの製品名で処方されるフマル酸第一鉄や、フェロ・グラデュメット、スローフィーなどの製品名で処方される硫酸鉄水和物系の薬です。